FC2ブログ
shume exhibition//artist「shume」の作品世界
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/07/27 (Sun) きことわ

夏空


梅雨明けの空は

読み終えた「きことわ」にかさなった。

澄んだ清涼感に満ちていた。

  

  永遠子は夢をみる。
  貴子は夢をみない。

薄い文庫を惜しむように、言葉を反芻していた。

永遠子の遠い夏の記憶のなか、車の後部座席でぐにゃぐにゃとからまりもつれあう少女たちの皮膚の柔らかさ吐く息の湿り気、
葉山の海の潮溜まりの匂いと夕立ぶくみの雲と風、
鍋から大鉢にあがったばかりの手羽先のしょうが醤油色のてり、
別荘の庭の柳や百日紅、敷石の青苔。

生きるというのは、匂いや手触りや景色の断片が
はてしなく積み重なっていくこと。
ページを繰るうちに過去の情景が
足元の土塊から空の彼方にいたるまでありありとよぎりだす。

たとえば、小学校の放課後。
白いカーテンが風に翻って、校庭からかすかに子供らの声がこだましていたあの日の、木製の床の油引きの匂い。
戸口に立って教室を覗き込んでいたあたしはわかっていた。
この情景が、この先も何度も何度も蘇るだろうと。
泣きたくなるような胸の痛みとともに。



永遠はここにあるということを。






 


未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<ビバ!football!! | TOP | 散歩>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://shume81.blog24.fc2.com/tb.php/258-621bcb96

| TOP |

プロフィール

しめ

Author:しめ
沢 朱女 (さわ しゅめ)
京都生まれ 大津在住
96年より制作活動。
雑誌、広告、絵本等の仕事を経て
現在は水彩、アクリル、クレパス画等を制作。
chezshume(a)dream.com
※(a)を@にかえてメールアドレス欄に入力してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。