shume exhibition//artist「shume」の作品世界
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/07/31 (Sun) 夏に ヨム ―あなたと アナタへ―

20160731-104542806.jpg


すーすーと風が通る、夏の午前。

姪っ子のNにあげようと思って買った
文藝春秋の『はじめての文学 川上弘美』をぱらぱら、と拾い読みした。
「文学の入り口に立つ若い読者へ向けた自選アンソロジー」特集のうちの一冊。
知っているのも、知らない話しもあった。知らない話しの方が多い。

そして、とても気に入ったのと
Nと同じお話しをたどっておきたい、と思ったので
「カバーに少しきずがある」ことを理由(言いワケ)に、
もう一冊きれいなのを買ってあげて、コレはあたしのにしよう、と決めたのだった。

そう決めて安心したのでさらに、あちこちめくってみる。
『パレード』というタイトルのお話し。
その中に「センセイ」と「ツキコさん」の文字を見つけたとき、心臓が、どきっとした。
思いがけないところで、むかし好きやった人にでくわした、みたいな。
駅や、雑踏の中で、背格好が似ている人を見かけただけで
ドキドキするでしょう?
あんな感じ。

あれ?『センセイの鞄』の主人公たちがなんで?
いそいで、本をぱたっと閉じたあたし。
「これは、じっくり読まねばならないよ。」
いえ、別に、センセイやツキコさんに恋をしてるんじゃなくて、
あの頃、まるで、自分の恋のように、ひやひやどきどきして「センセイの鞄」をあたしは読んだのだった。
川上さんのあとがきによると、
『パレード』はその番外編、のんびりとした二人の様子を描かせてもらいました、とあった。
そうめん好きで、たぶんちょっとだらだらした人たちだ、とも。
た の し み!

「ブンガク」のことはよくわからないけど、登場人物を古い友達のようにあとあとまで、心に住まわせる、そんなお話しを知っている人生はいい、と思う。
今は受験でそれどころじゃないNにあげるのはどうか、とも思うけど、
過酷な勉強の合間に眺めて、伯母よりのしづかなエールを感じてくれる、とか
めでたく入学を果たしたのち、「あ、しゅめちゃん、修羅場のときにこれくれたんやわ。」とちょっと苦笑しながら、改めてめくってくれてもいい。
いやいや、受かったら花の女子大生ライフで多忙を極めて、もっともっと先になるかも。

前述の本を、あたしは「こどもの本ブックフェア」の会場で見つけたのだけどもう一冊、表紙をひとめ見た途端、吸い寄せられた『いもうとガイドブック』。
イギリスの作家さんとイラストレーターさんによる絵本。
ちょっとおおお なにこれえええ
心の叫びがもれたのか、傍の女性が話しかけてくださった。
少年写真新聞社の担当さんであった。
「これ、うちのなんですけど、おさるのジョージの翻訳家さんのなんです。」
「へえええええ。」
「本年度の産経児童出版文化賞の翻訳作品賞を貰ったんです。」
「ほおおおおお。」
他社さんであれど同じ版元仲間(初めてお会いしたけど)、めでたき哉。

がっしり両手に抱えてじろじろ眺める。なでまわす。
舌なめずりしてたな。きっと。
愛らしい描線と色、余白のバランスが文句なし。
ささっと見て、ぱたっと閉じました。
「ああ、これは、つれて帰って、じっくり眺めねばなるまいよ。」
買いましたとも。
スキップでレジへ。

帰ってから、惜しみ惜しみ目を通したページには、
小さないもうとがいるおんなのことそのママと当のいもうと、のあれやこれやが溢れていた。
ユーモラスで小気味よい訳文。
くすっと笑ってうなずく、沢山の「そうそう」のなかにところどころ、
きゅう、と胸が熱くなる「そうそう」という言葉が。

遠いむかしあたしも、
いもうとが、「ねるときもいっしょの だいじなともだち」
やったことを、思いだした。


コレ、いもうとに、あげよう。

たまには、おねえちゃんらしいこと、しよっと。











スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

プロフィール

しめ

Author:しめ
沢 朱女 (さわ しゅめ)
京都生まれ 大津在住
96年より制作活動。
雑誌、広告、絵本等の仕事を経て
現在は水彩、アクリル、クレパス画等を制作。
chezshume(a)dream.com
※(a)を@にかえてメールアドレス欄に入力してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。