shume exhibition//artist「shume」の作品世界
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/03/27 (Sun) をんな会

20160304-074751676.jpg


かにかくに 祇園はこひし 寐(ぬ)るときも 枕のしたを 水のながるる

                              

先月。
四条縄手下ルにあるミナちゃんの粋なお店で
姪っ子のマイちゃんと飲む。
オトコマエな美女マイちゃんとあたしは四歳しか違わない。
年の離れた腹違いのあたしの姉、ゆっこちゃんの娘やから。
マイちゃんに召喚されたらすっ飛んでいく。
「朱女ちゃん~、今京都。来ない?」へい!合点でいー、ってな感じ。

「じょしかい」ちゃうで、「をんなかい」やで。
いまが華の女盛り。
三人顔を寄せて唇をふっくらまるめてつきだして
「ウ、ォ、ン、な、会」。

店閉めてからミナちゃんが、花見小路上がったとこの贔屓の
中国東北料理店に連れてくれた。名物干豆腐と水餃子。
ンまぁぁぁーーーっっ!!!
さっき泉門天の餃子阿呆ほど食べてんけど。

「悪の枢軸」とも呼ばれるふたりの見事な飲みっぷり。
惚れ惚れするよな女っぷり。
こっからが人生正念場やで、な話しから
ミナちゃんの「盲腸で老人病院に駆け込んだらどうなるか」ゆう
抱腹絶倒の顛末まで笑い悶えつつ、
向こうの席で中国人ホステスが、パトロンだかマネージャーだかの
膝に乗ったり、腕を揉みしだいたり、あげくに突き飛ばしたり
でも合間にはせわしなく煙草を吸ってはまたかきくどいて、えんえん続く
痴話喧嘩にも目と耳を奪われつつ、更けゆく祇園の夜。

よろしな~。



待つうちに桜ほころぶ白川の
祇園で月を仰ぎたし










スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP | next >>

プロフィール

しめ

Author:しめ
沢 朱女 (さわ しゅめ)
京都生まれ 大津在住
96年より制作活動。
雑誌、広告、絵本等の仕事を経て
現在は水彩、アクリル、クレパス画等を制作。
chezshume(a)dream.com
※(a)を@にかえてメールアドレス欄に入力してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。