shume exhibition//artist「shume」の作品世界
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/12/30 (Mon) 旅 ~シュタイデルへ

DSC_1000.jpg


K子さんに奨められたのと、
予告に流れるロミオとジュリエットの旋律に、幻惑されて
酷寒のなか東寺のみなみ会館へ行った

凍った空とそこから落下してくる霙に
あたしのことしの最後にふさわしいかも、と目をふせながら

見に行ったのは
映画「世界一美しい本を作る男~シュタイデルとの旅~」

ロバート・フランク、カール・ラガーフェルド、ギュンター・グラスなどの
世界的な写真家、デザイナー、ノーベル賞作家らから
絶大の支持を集める、ドイツの小さな出版社の主シュタイデル

顧客の意見であっても
自分の直感が拒めば躊躇なく「ノー!」
世界の果てであっても(実際移動スケジュールは過密だ)
電話やメールのやりとりなら2ヶ月、直接会えば4日で進むんだ、と
パリ、ロンドン、ニューヨーク、カタール・・と飛び回る彼を
カメラが追う、追う、追う

ページをめくる音、手触り、そして香り・・
使用するインクで紙の香りが違うのだとシュタイデルは言う

シュタイデルの本を実際に手にすることはないかも知れない
けれど、己の作品に飽くことなく「完璧」を追求する姿勢は
あたしだって、いつか身につけられる日が来るかも知れない

「芸術」と声高に口にするのはためらうけれど
それなしでは、どうしても生きていけないものに
愛情を注ぐ人々が世界にはあまたいる

帰り道、見上げた空からは
もう尖った氷は落ちてこなかった 
代わりに、ひっそりと身を隠せる闇が降りてきて
あたしは駅へと向かった
熱いコーヒーを飲みに





さようなら今年

ようこそ新年









スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

しめ

Author:しめ
沢 朱女 (さわ しゅめ)
京都生まれ 大津在住
96年より制作活動。
雑誌、広告、絵本等の仕事を経て
現在は水彩、アクリル、クレパス画等を制作。
chezshume(a)dream.com
※(a)を@にかえてメールアドレス欄に入力してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。