shume exhibition//artist「shume」の作品世界
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/02/28 (Tue) 沢宏靭展再訪

会場の展示


曇天のもと、雪を冠って
伊吹はきりり、とりりしかった。

先週末、再びの湖北路。
ちなっちゃんとK子さんと一緒に。

実はちなっちゃんは父の絵を持ってくれている。
数年前オークションで、偶然手に入れてくれたのである。
「夏山」という。
(たかせちなつブログ参照)

私の母と再婚し兄が生まれた頃であろうか。
あかるい清明な空気感に満ちている。
ちなっちゃんの家にいって、この絵をみるたび心が安らぐ。
ちなっちゃんの手許に、よくぞ辿りついたものよと
「奇跡」に感謝する。

虎姫時遊館の展示も同様だった。
紅葉の葉陰で遊ぶ小鳥の目が優しい。
柿や桃は丹念に、まろみや重さをすくうように描いている。
昔、なまずの絵の注文があったとき、
川魚やさんで手に入れたなまずを盥(たらい)に放して
毎日写生をしていた。
それを食べたかどうか、さだかでない。
黙然、と写していた父の姿は憶えている。

温かく迎えてくださった蒐集家のOさん、時遊館のYさん。
長浜のひとは義理に厚く、こころ優しい。
裏の土手に土筆が芽吹く頃に
また行ってみようか。


 ※今年九月に
 長浜市主催の宏靭展が
 長浜城歴史博物館にて開催されるとのこと。
 またお知らせいたしますね。









スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(8) |


| TOP | next >>

プロフィール

しめ

Author:しめ
沢 朱女 (さわ しゅめ)
京都生まれ 大津在住
96年より制作活動。
雑誌、広告、絵本等の仕事を経て
現在は水彩、アクリル、クレパス画等を制作。
chezshume(a)dream.com
※(a)を@にかえてメールアドレス欄に入力してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。