shume exhibition//artist「shume」の作品世界
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/11/30 (Wed) お葬式

石川直樹さん写す


あたたかくて
親しみのあるお葬式だった

十月の末に会いに行って
ひと月
あかるい秋の陽射しのなか
イサムちゃんは旅立っていった

最後の数年を過ごした上郡の
古い大きなかやぶきの家から
ヒッピーの仲間が叩く
太鼓の音に見送られて

泣いたり笑ったり
なんだか忙しいお葬式だった
みなで手づくりしたお位牌は、
上のほうが横っちょにむにょっとゆがんで
一画一画いろんな人が書いた名前は
太い棒や細い線が不揃いに並んでいる

秋 野 亥 左 牟

お経をあげた僧侶でもある甥のジンくんが
「出棺の時から虫が僕の小鼻にくっついてるねん」
それを「イサムちゃんや」と、写真にとって笑い転げて

こんなふうに
みなに笑って送られる最期を迎えた
イサムちゃんはえらいな、と思った

斎場から戻ったら、
福音館のマツモトサンが真っ赤な目で、
でもやっぱり満面の笑顔で
「しゅめさん、イサムさんの本出しますよー
待っててくださいねー」
十月、イサムちゃんに会った日
絵本の打ち合わせで訪れていたマツモトサンに
咽頭癌で殆ど出なかった声を振り絞って呼びかけたのが
あたしが聞いたイサムちゃんの最後の言葉になった
「ありがとう~!!よろしく!」
そのとき、イサムちゃんの目に光がやどって
からだじゅうに力がみなぎったようにみえた

いい絵本になると思う
新しい本をひらいて、またイサムちゃんに
会える日を待とう










スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(10) |


| TOP | next >>

プロフィール

しめ

Author:しめ
沢 朱女 (さわ しゅめ)
京都生まれ 大津在住
96年より制作活動。
雑誌、広告、絵本等の仕事を経て
現在は水彩、アクリル、クレパス画等を制作。
chezshume(a)dream.com
※(a)を@にかえてメールアドレス欄に入力してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。