shume exhibition//artist「shume」の作品世界
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/05/30 (Mon) ふらんす映画

hana


曇天
午後一時
映画をみた

「美しき運命の傷痕」

冒頭
切れ切れに挟まれる托卵の映像
説明のない画面の素っ気無さが
却って気を惹いて
仕事が気になりながらもついずるずると・・

三人の女が交互に映されて
やがて姉妹だとわかった
養老院に気難しい母がいて
見舞っているのは次女だけらしいということも
両親は仲違いをして
幼いときに父と離別していることも

黒々とした画面を
時おりかすめる真紅の色
紅く塗られた部屋の壁や
蝿が溺れていく葡萄酒の色が
不穏な気配を醸す

長女は夫の愛人に対する
激しい嫉妬に苛まれるのだけど
私は嫉妬は苦手だ
無意識に遠ざけているだけか?
三女の狂おしい恋が切なかった
私も同じことをしたし、同じ思いを味わった

エマニュエル・ベアールをはじめ
女たちは一様に美しい
美しいものは好きだ

最後に辛めのカタルシスが用意されていて
それも気に入った

真紅の色に
手指の先まで染められる











スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

プロフィール

しめ

Author:しめ
沢 朱女 (さわ しゅめ)
京都生まれ 大津在住
96年より制作活動。
雑誌、広告、絵本等の仕事を経て
現在は水彩、アクリル、クレパス画等を制作。
chezshume(a)dream.com
※(a)を@にかえてメールアドレス欄に入力してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。